インプラントの耐久性

インプラントを決断する

クリニックでの美容情報

インプラントに使われる材料

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに人工の歯を装着して、失った歯を補う治療法です。顎の骨に埋め込む人工歯根には純チタン、チタン合金のものが使われています。チタンは腐食することはなく、組織との親和性が高いためアレルギー反応を起こしません。また、手術後数ヵ月すると骨と結合するため、歯を支えるための土台としてしっかりとした安定性が得られます。人工歯に使用するのはセラミックで、これは強度、耐久性に優れた材料です。見た目も自然です。このように、インプラントには耐久性や安全性に優れた材料が使われています。

平塚で有名なインプラント医院はこちらです。
顎の骨が少なくても治療が可能なようです。料金や治療方法もこちらで確認できます。安心の治療を受けられます。

咀嚼力を回復できるインプラント

インプラントは、歯のない部位に埋め込んで使う人工歯のことです。顎の骨に埋め込む人工歯根、その上に被せる人工歯、その2つの間にあるアバットメントで構成されており、これらのパーツの取り付け方によって治療法が変わります。顎の骨に人工歯根を固定するインプラントは、天然歯と同じような機能を生み出せるのが特徴です。グラついたり抜け落ちたりすることが無く、しっかりと噛むことができるようになります。基本的に独立した1本の人工歯根を埋め込む治療法なので、もともと健康な歯に負担をかけることもありません。

インプラント 愛知で治療実績豊富なクリニックです。
専用の手術室完備で、術後もゆっくり休めます。カウンセリングでは、詳しい説明があるので安心です。